顧問税理士の相場

■税理士の相場について
税理士の料金制度というのは、その業務内容があいまいなことから明確なものというのは残念ながら存在しないのが実情です。
しかしながら、それでも大まかな相場というのは存在します。
例えば、年商1000万円以上~3000万円未満の場合、目安としてサービス業あれば月に20000円程度、年商3000万円以上~1億円未満であれば同様にサービス業の場合30000円程度、年商1億円以上~3億円未満のサービス業は月額50000円以下…といった具合で年商によって、月額の金額に差が出ます。
他にも、決算料や給与計算、年末調整といった業務については別途費用が発生していくというのが基本的な価格設定のようです。

■なぜ年商や業種で費用が違うのか
相談や実務内容が違うというのが主な理由となります。
他にも、価格を左右させる要素として、例えば給与計算であれば従業員数によって変わるといったケースもあります。
ひとつの業務に対しての報酬が税理士価格に反映されていると考えると、やはり年商が大きいイコール会社の市場価値も大きいということで、その責任や扱う金額の大小は報酬に関わって来ざるを得ないというのが妥当でしょう。

■実際には税理士は何をするのか
会社と顧問契約を結んだ税理士は一体、総務業務のほかに何もするのかというと、基本的には税に関する資金戦略を立てたり、税理士の視点で見たキャッシュフロー等のアドバイスが主でしょう。
その為に、実際に会社へ足を運び、経営者とのミーティングを欠かしません。
そういったフォローのスキルもあり、相場はあくまで参考で、実際はその税理士の能力との相談になってくることもあります。

■おすすめサイト
顧問税理士を神戸で依頼する 【口コミや評判の比較ランキング】
http://www.40ans-spppi-paca.org/