開業資金の必要額

■開業に必要な資金について
開業資金には一体どれくらいの額が必要なのでしょうか。
それは業種や業態によっても様々なので一概には言えませんが、内訳はだいたいが同じです。
何かと言うと、開業場所、つまりテナントの資金と必要に応じた内装工事費用です。
その他に開業スペース関連で挙げると設備費用も必要となります。
これらは開業資金においても、開業環境においても重要な要素と言えるでしょう。
したがって、資金が潤沢に用意できない場合は、おのずと限られた条件、なるべく狭いスペースでテナント資金を押さえたり、居抜き物件を探して内装工事を最小限にするという工夫が必要になります。
例えば飲食店であれば、調理場や飲食スペース、病院であれば診療代や治療器具と言ったところでしょうか。
他には備品や仕入れにも資金は必要となってきます。
パソコンや電話回線、インターネット回線、サービス業であればレジ、顧客を集める為の黒板やチラシが備品に該当します。
仕入れについては、アパレルであれば洋服、飲食や雑貨であれば材料費等となります。

■開業資金の目安
あくまで目安ですが、一般的に下記がそれぞれに必要な開業資金となります。
カフェや喫茶店は100万円から1500万円、医院・クリニックであれば1000万円から1億5000万、歯科医院では、それ以上の額が必要になります。
他には居酒屋で600万円から2500万円、塾では100万円から1000万円です。
これだけでも業種・業態で大きな差があることが分かるかと思います。
開業を考えているのであれば、これらを参考にしつつ自分のビジョンと集められる資金を照らし合わせ計画を立てる事が大切です。

■ おすすめサイト
神戸で開業際におすすめの税理士ランキング
http://xn--0ou63n2noko1a.net/