税理士のやり方によって相続税額が違う?

税理士にも専門分野が存在します
税理士といえばどんな経営でも業種でも対応してくれる、また税金についてどんな内容でも一番いい方法で対処してくれると思っている方が多いです。
でもこれは間違いなんです。
医師にも外科、内科、皮膚科、整形外科、泌尿器科など科によって担当する医師が違います。
これと同じように、税理士にも飲食店に強いとか、医療関係に強いとか、個人経営に強いなどの違いがあり、税務についても相続税に強いなどの違いがあります。
つまり、同じ税務の知識を持っている方でも専門的知識の深さ、経験などに大きな違いがあるのです。

同じ税額になるものと全く違う税額になるものがある
税理士が申告を行ってくれるもので、法人税や所得税に関しては、違いが出てきません。
一つの企業の決算書を二人の税理士が計算した場合、同じ税額になるはずです。
でも、違いが出てくるものもあるのです。
そう、相続税です。
この違いは、相続税の場合、特例が多数あり、どの特例を利用するかによって税額に大きな違いが生じるのです。
経験が深い、相続という事について深い専門知識を持っているという税理士の場合、どの特例措置を利用すれば一番いい選択肢となるか、それを熟知しています。
相続税を支払う方が一番低く納めればいい特例を選択し、申告する場合と、こうした配慮なしに税額を計算する場合では、税額にかなり大きな違いが出てきます。

払わなければいけないもの、でもやっぱり一番安く収めたい
相続には税金がつきものです。
支払わなければならない税金ですから、国民の義務として支払は当然行います。
でも、やっぱり一番安く収めたいと思うのは当然です。
相続税に強い税理士を選択するという事は、税金を納得して納入するために必要な事なのです。

大阪にあるおすすめの相続税専門税理士
大阪にあるおすすめの税理士情報はこちら