困った時こそ、顧問税理士の必要性を感じる

税理士を依頼したいと思う理由を考えると必要性が見えてくる
普段の会計処理については何とかできている、でも経営していく過程で、税務上、経理上でこれは自信がない、悩みとなっているという部分を考えてみると、顧問税理士の必要性が見えてきます。
たとえば、自分が税務申告を行い、正しくできたと思っていたのに、税務署から修正申告が必要、追徴課税が必要となったら?次の申告の際には、本当に正しい申告ができるのか?不安になります。
会計処理について素人でソフトを使ってなんとかやっているけれど、本当にこれで正確なのか?という日々の不安をお持ちの経営者もいます。
こうした際にも税理士の必要性を感じることがあるでしょう。

決算書や申告書をよく理解できているかどうか
顧問税理士がついている場合、決算を行った際、現在の経営が税務のプロから見てどういった状態にあるのか、説明してくれます。
ここで、会計上の問題や、どこに費用がかかりすぎているのかなどを把握でき、次期にそれを活かすことができるのです。
数十枚になる決算書の内容をしっかり把握できるのか、という点も不安要素という方が多いでしょう。
決算書を理解するのが難しいという事は、イコール、正確な経理ができない可能性、正しい申告ができない可能性を意味するのです。

経営について相談できる相手がいない
顧問税理士がいる場合、経営上の悩みが出てきたとき、どのような方向性で行けばいいのか、相談することができます。
税理士は税務経営のプロであり、その内容を把握できるという事は、企業の経営内容を理解しているという事です。
経営内容を深く理解しているプロに経営相談ができるという事の安心感がない、ということも、顧問税理士に依頼を考える要因となります。
顧問税理士の必要性は、困った時に感じるものです。
経営というとても難しいことについて相談できるという点も、顧問税理士の必要性を強く感じさせることです。

人気の顧問税理士をご紹介
顧問税理士契約終了に関する基礎知識