創業融資の保証協会

■ 「創業融資」について
創業融資について簡単に説明をすると、まだ設立から間もなく売り上げや利益がしっかりない会社でも融資を受ける事が出来る制度です。
創業融資には日本政策金融公庫という団体から、信用保証協会という団体から融資を受けるという2つの制度があります。
まずは日本制作金融公庫の制度、こちらは条件は「担保不要であり、社長が借金の連帯保証人にならずとも良い」というものがあります。
しかし、信用保証協会と比べ、それ以外の条件もあり融資を受けるには少しハードルが高いようです。
次に、信用保証協会についてですが、こちらは更に自治体、信用保証協会、金融機関の3つに役割が分かれています。
それぞれどんな役割かと言うと、自治体は創業融資の借り入れ条件の決定を行い、信用保証協会は保証を行います。
そして金融機関は2つの情報やサポートに基づいてお金を実際に融資する機関です。
具体的には、自治体は創業融資の借り入れ条件の決定、信用保証協会は読んで字のごとく保証を行い、金融機関は以上の2つに基づきお金を貸す機関となります。

■創業融資の平均額
日本政策金融公庫が発表する2009年時点の実績では、平均666万円だそうです。
ちなみに、日本政策金融公庫の融資額の上限は3000万円、保証協会は条件にもよりますが、2500万円です。

■保証協会の仕組み
まず、融資を受けたい人が金融機関へ行くと、保証人が必要になります。
この保証人を保証協会が請け負うというのがベースにあります。
保証協会が保証人になることで、金融機関も融資がしやすくなるという仕組みです。
融資を受ける人は、保証協会へは保証金を、金融機関へは融資の返済を行っていくことになります。

■おすすめサイト
創業融資 神戸.net 【税理士の比較ランキング】
http://xn--qer179aenfoyrywqnfh.net/