中小企業が税理士を依頼する場合の報酬相場は?

大手と中小企業では税務、会計の質も違う
大手企業と中小企業では税務についても会計についても、また節税についても質が違ってきます。
大手企業をメインに顧問契約を行っている税理士と中小企業メインで顧問契約している税理士も違いがあります。
中小企業の経営ノウハウと経験をもった税理士に依頼することが、中小企業の税務会計をうまく行っていくための鍵となるでしょう。

報酬についてもしっかり考えたい
経済が安定したと政府がいくら発表しても、中小企業には好景気を感じられないという経営者が多いでしょう。
経済が安定し、大手企業が売り上げなどアップして行っても、中小企業が景気上昇を感じるようになるまでには、タイムレスポンスがあります。
大手企業と中小企業の経済における温度差をしっかり理解し、何が必要なのかを一緒に考えてくれる税理士が好ましいのです。
ただ、どんなに質の高い税理士でも高額すぎる報酬は払いきれません。
そのため、中小企業が税理士を利用する場合の報酬相場を知っておくべきです。

中小企業が税理士に依頼する場合、どの程度の報酬がかかる?
個人経営の場合、月額顧問報酬はだいたい1万円台から、という事になりますが、中小企業の場合、一般的に月額3万円くらいからと考えておくといいでしょう。
税理士の場合、「安いからここに依頼する」という事ではなく、税務会計のほかに節税、また経営上の相談ができるかどうか、という点を考慮することが必要です。
一般的な報酬金額であり、その上で質が高く経営にプラスになるような税理士を選択することが必要です。
依頼したい税理士がいたら報酬の確認と共に、まず面接してもらい税務会計についての悩みを相談してみて、親身になってくれると確信できる税理士を選択していきましょう。

税理士の報酬ついて知詳しくりたい方はこちら
税理士相場について知詳しくりたい方はこちら