税理士の報酬額 Marriage Equality Plays

税理士 報酬額

税理士 格安とは

■格安の税理士とは
「ランニングコストは出来る限り少なく押さえたい」これは経営者なら誰しもが考える事でしょう。
その中でも、税理士にかかるコストを減らしたい、出来るだけ安い価格で請け負ってくれる税理士にお願いをしたいと考える人もいるかと思います。
税理士業界内でも、他の業種と同様に価格競争が進んでいるため、受託内容によっては安い価格で相談に乗ってくれる税理士もいます。
もちろん、税理士側もそんな経営者の悩みは痛いほど分かるので交渉次第では、双方納得のいく価格で成立するなんていうことも無きにしも非ずです。
では、安い税理士のメリットとは何があるのでしょうか。

■価格が安い税理士のメリットについて
もちろん、ある種人件費が押さえられるということが最大のメリットと言えるでしょう。
最大というのは、目に見えて実感をしやすいということです。
また、必要最低限を税理士にお願いしているということですから、例えば面談時間分を他の作業にあてることが出来たり等、小さなことですが時間的にも負担は減ります。

■価格が安い税理士のデメリットについて
メリットと同時に、デメリットもしっかりと把握をする必要があります。
価格を抑える事で出てくるデメリットは、上記と紙一重になってしまいますが、面談時間が少なくなるということです。
これは、経営上必要な専門知識を持ったアドバイザーに相談をする機会が減るということで、タイムリーに問題解決が出来る可能性が低くなるということに繋がります。
他にも、実績・実力がまだ拙い税理士に当たってしまうというリスクも考えた方が良いでしょう。

■ おすすめサイト
神戸で格安の税理士ランキング
http://xn--zqsu4dw0i9zgcpqtrhe9a.net/


会社設立の手続き

■会社設立流れの概要
会社を設立する為には複数のステップを踏む必要があります。
まず、最初は会社設立の準備として屋号や住所等をしっかり調べることから始めましょう。
住所一つを決定するのにも、受領されないケースがありますので注意が必要です。
会社の名前に関しても同様で、紛らわしい名前を付けてしまうと受理されないケースももちろんありますし、予期せぬトラブルの原因にもなりかねません。

次に、印鑑が必要になります。
必要な印鑑の種類は最低限でも3種類あります。
社長個人の実印、会社の実印、会社銀行印の3種類です。
その他にゆくゆく必要になるのは会社角印やゴム印等がありますので、この機会に一緒に作成してしまうのも良いかもしれません。

次のステップでは定款を作成します。
会社定款とは、会社の目的や組織形態等、会社の正式なプロフィールや決まりごとのことです。
一度認証されてしまうと基本的に訂正が出来ないものなので、専門家とともに漏れなく作成した方が良いでしょう。

定款が受理されたら出資金の払い込み、設立登記の申請を行います。
設立登記の申請は有料となるので、記載方法や内容について事前に法務局に確認するのがベターです。
大きなミスがあったり、後に訂正や申請却下をすることがあると面倒な手続きが発生してしまい、時間的にも体力的にもロスが発生してしまいます。
この、登記書類ですが、法務局が書類を受け付けた日(受理完了)が会社設立の日となります。
これにて、会社設立となります。

■設立後の手続き
設立後も複数の手続きがあります。
書類の提出先は税務署、区役所・市役所、都道府県税事務所、年金事務所等々複数に渡りますので気を付けましょう。

■ おすすめサイト
神戸で会社設立する際のおすすめランキング
http://www.peacekeepersupport.org/


起業の助成金

■起業を考えている人へ
起業や経営というのは、とにかくたくさんの資金が必要になります。
資金繰りに相当な自信がある、潤沢な資金の調達が可能であるという人は、それで良いかもしれませんが、簡単に経営が回るというのは難しいことです。
経営に必要なお金が全部自らで調達できるのは難しい、ということは銀行の借り入れが必要になる可能性があるということです。
しかし、銀行の借り入れだけでなく補助金や助成金という方法もあります。
銀行からの融資が受けられない場合は助成金を貰うという選択肢も考えても良いかもしれません。

■助成金について
銀行の借り入れと違い、助成金、補助金は返済が不要なものです。
その支給元は国や地方自治体です。
どんなものがあるかと言うと、その会社が今どのような状況にあるかによって種類が異なります。
まずが、新規で起業する時は「独立行政法人中小企業基盤設備機構」から受けるものが一つあります。
これは、起業する計画の段階から国から認定を受けている助言機関に相談をしている必要があります。
つまり、これから起業をするという人向けとなります。
起業に伴う費用や、弁護士・弁理士などの費用や、広告費を代替必要な額の3分の2(ただし上限があります)を補助してくれるものです。
ほかにも、その会社が新規で雇用が発生する場合や、キャリアアップを促進するための「キャリアアップ助成金」、従業員へ教育・訓練を行う際のキャリア形成への助成金、売り上げが減少している際に受けることのできる助成金があります。
他にも地方自治体によっては上記以外についても助成金を出している制度もあります。

■ おすすめサイト
起業を神戸でする際の税理士選び
http://www.napolipoesia.org/


開業資金の必要額

■開業に必要な資金について
開業資金には一体どれくらいの額が必要なのでしょうか。
それは業種や業態によっても様々なので一概には言えませんが、内訳はだいたいが同じです。
何かと言うと、開業場所、つまりテナントの資金と必要に応じた内装工事費用です。
その他に開業スペース関連で挙げると設備費用も必要となります。
これらは開業資金においても、開業環境においても重要な要素と言えるでしょう。
したがって、資金が潤沢に用意できない場合は、おのずと限られた条件、なるべく狭いスペースでテナント資金を押さえたり、居抜き物件を探して内装工事を最小限にするという工夫が必要になります。
例えば飲食店であれば、調理場や飲食スペース、病院であれば診療代や治療器具と言ったところでしょうか。
他には備品や仕入れにも資金は必要となってきます。
パソコンや電話回線、インターネット回線、サービス業であればレジ、顧客を集める為の黒板やチラシが備品に該当します。
仕入れについては、アパレルであれば洋服、飲食や雑貨であれば材料費等となります。

■開業資金の目安
あくまで目安ですが、一般的に下記がそれぞれに必要な開業資金となります。
カフェや喫茶店は100万円から1500万円、医院・クリニックであれば1000万円から1億5000万、歯科医院では、それ以上の額が必要になります。
他には居酒屋で600万円から2500万円、塾では100万円から1000万円です。
これだけでも業種・業態で大きな差があることが分かるかと思います。
開業を考えているのであれば、これらを参考にしつつ自分のビジョンと集められる資金を照らし合わせ計画を立てる事が大切です。

■ おすすめサイト
神戸で開業際におすすめの税理士ランキング
http://xn--0ou63n2noko1a.net/


創業融資の保証協会

■ 「創業融資」について
創業融資について簡単に説明をすると、まだ設立から間もなく売り上げや利益がしっかりない会社でも融資を受ける事が出来る制度です。
創業融資には日本政策金融公庫という団体から、信用保証協会という団体から融資を受けるという2つの制度があります。
まずは日本制作金融公庫の制度、こちらは条件は「担保不要であり、社長が借金の連帯保証人にならずとも良い」というものがあります。
しかし、信用保証協会と比べ、それ以外の条件もあり融資を受けるには少しハードルが高いようです。
次に、信用保証協会についてですが、こちらは更に自治体、信用保証協会、金融機関の3つに役割が分かれています。
それぞれどんな役割かと言うと、自治体は創業融資の借り入れ条件の決定を行い、信用保証協会は保証を行います。
そして金融機関は2つの情報やサポートに基づいてお金を実際に融資する機関です。
具体的には、自治体は創業融資の借り入れ条件の決定、信用保証協会は読んで字のごとく保証を行い、金融機関は以上の2つに基づきお金を貸す機関となります。

■創業融資の平均額
日本政策金融公庫が発表する2009年時点の実績では、平均666万円だそうです。
ちなみに、日本政策金融公庫の融資額の上限は3000万円、保証協会は条件にもよりますが、2500万円です。

■保証協会の仕組み
まず、融資を受けたい人が金融機関へ行くと、保証人が必要になります。
この保証人を保証協会が請け負うというのがベースにあります。
保証協会が保証人になることで、金融機関も融資がしやすくなるという仕組みです。
融資を受ける人は、保証協会へは保証金を、金融機関へは融資の返済を行っていくことになります。

■おすすめサイト
創業融資 神戸.net 【税理士の比較ランキング】
http://xn--qer179aenfoyrywqnfh.net/


確定申告の期限

■「確定申告」とは
その年の元旦1月1日~大みそか12月31日の一年間の所得に対してかかる税金を計算し、それを税務署へ提出、申告・納付する事を「確定申告」と言います。
「確定申告」は難しい、面倒くさいといった印象を持たれがちです。
というのも、確定申告にはそもそも確定申告が必要な人、そうでない人がいたり、所得の方法によって申告内容が違っていたり、一年の所得を計算したりとルールやそれに伴う手間がかかるからです。
さらに、確定申告書類には3種類の書類が存在しており、それを見ただけで「面倒くさい」と感じてしまう人も多いようです。
確定申告書には「申告書A」、「申告書B」、「申告書第三表(分離課税用)」の三種類があります。
「申告書A」とは、会社からお給料を頂いている人や株も所持しているが売買をせず、配当のみを受け取ったという年金受給者が対象です。
また「申告書B」の簡易版にあたるのが「申告書A」です。
その「申告書B」はというと、不動産からの収入がある人、フリーランス、自営業をしている人が使用するものとなっています。
「申告書第三表」は、株の売買で所得を得た人、土地建物の譲渡で所得を得た人の使用する書類です。

■確定申告を行う時期と期限について
確定申告を行う時期は毎年2月16日から3月15日と決まっています。
しかし、中には確定申告を忘れてしまったという人もいるかもしれません。
そういった時は、気付いたら可能な限り早く申告書を提出するようにしましょう。
厳密な期限はありませんが、そういった場合、無申告加算税がかかる事があります。

■おすすめサイト
確定申告 神戸.net 【税理士事務所の口コミ・評判 ランキング!】
http://xn--4rrz3oizfj4v76dh2a.net/


記帳代行を格安で依頼するには

■「記帳代行」について
会社の経営者、経営組織において、この記帳代行というは大きな助けになります。
企業のキャッシュフローを正確につかむためには、正確は帳簿をコンスタントに付けなければいけません。
しかし、この帳簿をつけるという作業、かなり手間と人員を割く業務です。
特に、会社が忙しかったり、規模が大きくなっていけばいくほど、そこに割く時間は少なくなる一方で、帳簿が経営上重要な資料になっていきます。
そのジレンマをプロに代行を依頼する事で払しょくすることが可能となります。
帳簿を付ける上で必要な書類関係を会社から回収し、正確な帳簿その他必要書類を納品するという一連の作業で、業務への集中が可能になる他、そこへ割いている人員等の費用削減へも繋がります。

■記帳代行を税理士に頼むメリット
上記で述べたように、そのメリットは業務への集中、コスト削減が挙げられます。
会社の規模が大きくなればその恩恵も大きいと言えるでしょう。
その一方で、それほど規模の大きくない会社でも、記帳代行だけでも任せるというのはメリットがあります。
数字に関しては、その規模の大小を問わず正確さは重要です。
また、ある程度経営能力があり、税務処理も自分で行っていると言う場合でも、毎月行うのは大変であったりする場合もあるでしょう。
合わせて、そういった場合、税理士には特定のタイミングでしか相談を行っておらず、月額での費用が発生していないと言う場合、記帳代行だけを頼むと言う事であれば、通常の顧問税理士といった形での形態を取らずとも、比較的安い費用で必要な箇所での力を借りることが可能となります。

■おすすめサイト
記帳代行できる神戸の税理士の口コミ、評判ランキング
http://www.yogashalanc.org/


顧問税理士の相場

■税理士の相場について
税理士の料金制度というのは、その業務内容があいまいなことから明確なものというのは残念ながら存在しないのが実情です。
しかしながら、それでも大まかな相場というのは存在します。
例えば、年商1000万円以上~3000万円未満の場合、目安としてサービス業あれば月に20000円程度、年商3000万円以上~1億円未満であれば同様にサービス業の場合30000円程度、年商1億円以上~3億円未満のサービス業は月額50000円以下…といった具合で年商によって、月額の金額に差が出ます。
他にも、決算料や給与計算、年末調整といった業務については別途費用が発生していくというのが基本的な価格設定のようです。

■なぜ年商や業種で費用が違うのか
相談や実務内容が違うというのが主な理由となります。
他にも、価格を左右させる要素として、例えば給与計算であれば従業員数によって変わるといったケースもあります。
ひとつの業務に対しての報酬が税理士価格に反映されていると考えると、やはり年商が大きいイコール会社の市場価値も大きいということで、その責任や扱う金額の大小は報酬に関わって来ざるを得ないというのが妥当でしょう。

■実際には税理士は何をするのか
会社と顧問契約を結んだ税理士は一体、総務業務のほかに何もするのかというと、基本的には税に関する資金戦略を立てたり、税理士の視点で見たキャッシュフロー等のアドバイスが主でしょう。
その為に、実際に会社へ足を運び、経営者とのミーティングを欠かしません。
そういったフォローのスキルもあり、相場はあくまで参考で、実際はその税理士の能力との相談になってくることもあります。

■おすすめサイト
顧問税理士を神戸で依頼する 【口コミや評判の比較ランキング】
http://www.40ans-spppi-paca.org/


神戸にある税理士の比較ポイント

■税理士について
税理士の業務内容は主に「税務代理」、「税務書類の作成」、「税務相談」の3つがあります。
基本的に、代行するというのが大きなもので、「財務代理」では納税者の代行として、税務署への税金の申告を行ったり、申請を行ったりという業務をします。
「税務書類の作成」も同様、代理として各所へ提出する書類を作成します。
「税務相談」は読んで字のごとく、税務に関する相談に乗り、適切なアドバイスをする業務です。
また、こういった職務上で得た情報は、医者や弁護士が秘密を守るのと同様で、税理士も口外をしません。

■顧問税理士について
特定の顧客と顧問契約を結んだ場合、その税理士はその人の顧問税理士と言う事になります。
経営者と、代理業務を通し、より密に話す機会が増えるため時には税理士の立ち場からの経営的アドバイスを受けることもあります。

■税理士選びのポイント
どの地域の税理士でも言えますが、中には良心的でない税理士もいる事は確かです。
そういったケースに引っかかってしまわないために、しっかりと良い税理士を見極める必要があります。
まずは、実績があることが大事です。
税理士のアドバイスはその知識と経験があってこそ信憑性と確実性が増すと言っても過言ではないでしょう。
また、顧客の為に一生懸命になってくれる税理士というのも大切な要素の一つでもありますね。
悪い例でいうと、料金の話しかしない、特に「安さ」を強調してくるのはあまり良い税理士とは言えないでしょう。
ある程度の安さは求めていたとしても、必要以上に推してきたり、相場から大きく外れているのは何か裏があると思った方が良いかもしれません。

■おすすめサイト
神戸の税理士 口コミ・評判 ランキング – http://www.lawschoolanovel.com/


税理士の報酬額

税理士を利用しようとしている、でも相場価格がわからない…大切な税務ですから確実に済ませたいですよね。しかし、こういった税理士に支払うお金も立派な経費となります。

今回の記事では、税理士の報酬額についてご紹介していきたいと思います。
もし、あなたが税理士を利用しようと思っている場合は、参考にされてみてください。

【小規模な場合と大規模な場合】

弁護士報酬は、会社の売り上げや従業員規模で異なります。
例えば、年間での売り上げが1000万円に達していない場合、月々1万円から1万5千円程度で税理士を利用することができます。

これが大きい企業ともなってくるとかなりの費用が掛かります。
税務処理も金額が多くなればなるほど、従業員が多くなればなるほど複雑になるからです。

【格安税理士は安全?】

最近増えている格安税理士。相場の価格よりも大きく落とした金額で税理士サービスを受けることができます。

こういった格安税理士の場合、安心して利用できるかといった問題が発生します。結論から言うと、値段によってサービスを判断することはできません。

格安でも十二分に働いてくれる税理士もいますし、高額な報酬を払ってもあまり働いてくれない税理士もいますから。